ネイリストに向いている人とは?

こんにちは、JNA本部認定講師 畠中です。

講師紹介
スクール講師 Hatanaka Yuka 畠中 由佳 日本ネイリスト協会 本部認定講師 ネイルサロン衛生管理指導員 ジェルネイル技能検定試験官 2018年秋期ネイリスト検定試験官 ...

 

 

今日はネイリストに向いている人ってどんな人か?についてお話しします。

 

 

今からネイルを始める人が『私ネイリストに向いてるのかな?』と気になる所だと思いますので、ネイリストの適正についてもお話ししていきますね。

 

ネイリストに向いている人

ネイリストに向いている人ってどんな人?と思い浮かべると大体ほとんどの方が
・絵が上手い人
・器用な人
・ネイルが好きな人

と、答えると思います。

 

 

でも実際にサロン側からすると、求人として欲しい人材はここら辺はあまり関係ないです。

 

 

実際私が求人する場合に欲しい人材というのは、
・努力ができる人
・社交性がある人
・笑顔で接することができる人
・明るい人
・ネイルが好きな人

ですね。
1番最後の『ネイルが好きな人』というのが当てはまるくらいでしょうか。

 

 

つまり、どれだけ絵が上手いかなんてあまり関係ないんです。

絵が下手であってもネイルが好きで、きちんと教えてもらい、素直に練習をたくさんできれば(努力ができるに当てはまります)、大丈夫だと思います。

 

ではさらに詳しく解説していきますね!

 

努力ができる人

これは技術職ですので、本当に大事で、
より良い物をお客様に提供し続けるために練習が欠かせません。

 

トップネイリストになっても、時代の流れで色んな技術が主流になる時に対応していかないといけません。

なので努力し続けれるということは、ネイリストにとってとても大事な意識だと思っています。

 

社交性がある人

お客様とお話ししないと、お客様が何を求めているのかが分かりません。

 

約2時間という時間の中でデザインだけを作れば終わりということもありませんし、
快適に過ごせたり、楽しい場所であったり、お客様がネイルのためだけではなく、
心から『来てよかった』『任せてよかった』と思う環境を作らなければなりません

 

そうなった時にお客様の様子を見ながら配慮出来ないといけません。

相手を想う心』がとても重要です。

 

そしてネイリストは個人プレーのように見えますが、ほかのスタッフも居る場合、そのスタッフとの関係も上手く築ける必要があります。

 

もちろんどちらか一方だけ社交性があれば良いという話ではないので、
良い雰囲気を作るために、社交性はとても大事なスキルです。

 

笑顔で接することができる人

え!笑っていればいいの?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
お客様との時間を心から楽しめないといけません

 

ネイリストは「ネイルをするだけ」と思われがちですが、

人対人のお仕事ですので、何より『誠意、信頼』が大事になります。

 

安心して任せられるネイリストってどんな人かな?と想像した時、
やはり『楽しそうな笑顔で私のネイルを作ってくれてる人』には信頼を寄せれるんではないでしょうか?

 

笑顔はどんな仕事でも大事ですよね。

明るい人

これも重複すると思いますが、ネイルしてもらってる時に暗かったら何かイヤですよね!

『頼んでごめんなさい…』という気持ちになりますね。

 

逆にお客様の方が気を遣われることもあるかと思いますので、

これが毎回続くとお客様もいきたくなくなってしまい、失客に繋がってしまいます。

 

せっかく可愛くしてもらうのに、気を遣わなければいけない所に行くのは結構きついです。

 

誰しもそうだと思いますが、いつも暗い人より明るい人と付き合いたいと思いますよね!

自分が仲良くなるなら、どんな人と仲良くなりたいか?

起き考えて見ると良いかもしれませんね。

 

ネイルが好きな人

これは、ネイリストとして一番大事なことだと思います。

 

ネイルが好きな気持ちがしっかりあれば、技術は練習次第でどんどんついていきます!

器用でなくても、絵が下手でも、ネイルが好きであれば上手くなるために練習をすることができます。

 

好きこそ物の上手なれ』と昔から言われますが、本当に大事です。

ネイリストは技術も大事なので、もちろん甘い世界ではありません。

 

できなくて悔しい思いをする事もたくさんあります。

みんな同じように乗り越えてきています。

どれだけ辞めようとくじけた時でも、最後に残る気持ちは『やっぱりネイルが好きだ』という気持ちです。

 

ありふれた言葉で、ありふれた理由だとは思いますが、

この言葉で私も何回も乗り越える事ができました。

 

 

これは余談なんですが、

やめてしまう時って実際にはある程度成長のその先が見えて面白みが無くなったり、

やりがいを感じなくなった時や、マンネリ化なんですよね。

 

本当にネイルが好きな人って技術は日々進歩して行くので、今の自分に満足なんてできないはずです。

 

好きという気持ちは、新しい技術を学んだり、今よりもっと上手くなるために練習したり…

こうして、行動まで変えてしまうんです。

なのでいつからでも頑張れますし、器用さも、絵の上手さも全く関係ないんです。

 

 

まとめ

ネイリストは技術だけではないので、向いている人の特徴というのは

・努力ができる人
・社交性がある人
・笑顔で接することができる人
・明るい人
・ネイルが好きな人

です。

でもネイリストだけでなく、どの職業でも同じようなことが言えますので、

ネイリストだから特別な資質が必要という訳ではありません。

やはり大事なのは『人柄』です!

 

さて、あなたはどんな人にネイルをしてもらえると嬉しいですか?