ネイリスト検定2級 オススメの白パール

 

こんにちは、JNA本部認定講師の畠中です。

講師紹介
スクール講師 Hatanaka Yuka 畠中 由佳 日本ネイリスト協会 本部認定講師 ネイルサロン衛生管理指導員 ジェルネイル技能検定試験官 2018年秋期ネイリスト検定試験官 ...

 

1月の冬期ネイリスト検定も終わり、4月の検定に向かい頑張っている人も多いんじゃないでしょうか?

 

今日は2級の4月からの指定色『白パール』のオススメをご紹介します。

バブルノン#5 ホワイトパールです。

 

白パールって、透けたり、スジができやすかったりして、とても難しいカラーですが

こちらのカラーは色ははっきり目に発色し、透けにくいです。

 

 

でも透けない訳ではないので、ハケ圧が強い方は透けやすくなりますので、ハケ圧に気をつけた塗り方を研究する必要があります。

 

 

透けが解消されない場合は、ベースコートを、リッジフィラーに変えるのも一つの手法だと思います。

 

白パールの場合は、ナチュラル系ではなくベージュ系のリッジを使った方がよりキレイに塗ることができると思います。

白パールの中でも上級者レベルなのがOPI NL L03です。

OPIの白パールはキレイに塗れればとても美しい仕上がりですが、操作がうまくできないとムラになります。

 

と言うのも、バブルノンに比べるとOPIの白パールはかなり透けます。

透けるので溜まっているカラーがあるとかなり見えるので、それを隠そうと何度も何度も触ってしまい、より深いスジができてしまいます。

 

かなり悪循環が起きてきます。

なのでOPIの白パールはハケ圧をしっかりコントロールできている人に向いていると思います。

 

 

見ていただくとわかるように、少し濃いめの白っぽさがあるので、その他メーカーより気にならずに塗れますが、厚塗りするとかなり重たい印象になります。

 

 

 

あと、名前はバブルノンですが、量が少しでも多いとバブルが上がる事もあります。

 

 

調べて見たら『バブルノンはベースからトップまでライン使いしないとバブルが上がりやすくなります』という風に書いてあったのですが、

ラインで使ってもでる生徒さんは多かったので、量の問題かなと思います。

 

 

私自身、このブランドが!というより、

白パールというカラー自体が上がりやすように思います。

 

 

なので、量を多く乗せすぎずスピードをつける練習をしっかりすることが1番の改善策です。

 

 

白パールって嫌だな…と思う方はかなり多いと思いますが、

サロンワークにおいてパールカラーはオーダーが多いです。

 

年齢層が高いサロン、シンプル系のサロンにおいても同じことが言えると思います。

 

ポリッシュで塗れるようになると、ジェルでは固まらないので簡単に塗ることができます。

やはり、サロンワークに活かされる技術だと思います。

 

しっかり研究し、圧をかけず、スピードを持って塗ることができれば白パールは攻略することができるので自分の技術と向きあってみてくださいね!