ネイリストになるには?

こんにちは、JNA本部認定講師の畠中です。

 

ネイルをまだ学んだ事がない人にオススメの記事です。

 

今日はネイリストになるにはどんな方法があるのか?

それについて解説していきたいと思います。

 

ネイリストになる3つの方法

ネイリストになるには大きく分けて3つの方法があります。

 

①ネイルスクールに通い、技術を身につける
②通信教育で学び、資格を取得する
③ネイルサロンで働きながら技術を身につける

 

他にも色々ありますが、この3つの方法がネイリストとしての近道だと思います。

 

ただ、どれもメリットとデメリットが必ずありますので、

次はそれについて解説していきますね。

 

ネイルスクールに通い技術を身につける

メリット
・さわりの技術だけでなく、深いところまで学ぶことができる
・生きた技術を学べる
・検定の内容も細かい所まで学べる
・講師が実際にやってきた実践的な技術を学べる

 

デメリット
・スクール代金がかかる
・講師の質により、技術レベルに差が出る
・少しずつ学ぶので習得に時間がかかる

 

金額はかかりますが、やり方だけでなくサロンワークではどう応用してやって行くのか?など講師のリアルな経験や体験の話を聞く事ができます。

合う講師に出会えれば、お金や時間がかかっても学びに行った方が良いと思います。

 

通信教育で学び、資格を取得する

メリット
・スクール通学より費用を抑える事ができる
・自分の空いた時間で学ぶ事ができる

 

デメリット
・ネイリストの友達が出来にくい
・技術が分からない時にすぐ聞くことが出来ない

 

通信教育で学ぶことは、何より投資の金額を抑える事ができます。

時間も空いた時間にできることから、手軽に始める事ができます。

ただ、しっかり自制できないとダラダラしてしまうので自分で管理できる事が大事です。

 

ネイルサロンで働きながら技術を身につける

メリット
・学びながら収入を得る事ができる
・接客などの実践技術も学ぶ事ができる

 

デメリット
・できる仕事が限られているので時給は期待できない
・技術ができるようになるまで、相当な努力が必要

 

実践に一番近いのが働きながらだと思いますが、ネイルサロンは技術ができる事が最低限です。

何もできない状態で働いても、受付や、電話番、その他の雑務のみとなります。

 

デビューは技術練習をしてうまくなってから、というサロンが多いです。

家での練習ができない人はいつまでも雑務のみとなります。

 

まとめ

上手いネイリストになりたいのであれば、最短ルートはスクールに通い、基礎と応用技術をしっかり学んでコツコツ練習する事です。

 

技術は生物なので、

時代の流れにより技術も少しずつ進化します。

 

その時々でしっかり学んでいかないといけません。

その技術の進化についていくためにも、講師選びは大事です。

 

 

それが、実際の講師なのか、本やDVDなのか、職場の人なのかと言う違いです。

 

あなたにとってベストな学びかたは見つかったでしょうか?

 

ネイリストになりたい人にはこんな記事も読まれています。

ネイリスト検定とは?合格率と難易度について認定講師が解説します!
こんにちは、JNA本部認定講師の畠中です。 今日の内容は、ネイリストになりたいな!とお考えの方は必見の記事です。 今回はみんなが特に気になる、資格試験について詳しくお伝えしていきま...