時間内に終わらないネイリスト必見!サロンワーク時短のコツ

こんにちは、JNA本部認定講師 畠中です。

講師紹介
スクール講師 Hatanaka Yuka 畠中 由佳 日本ネイリスト協会 本部認定講師 ネイルサロン衛生管理指導員 ジェルネイル技能検定試験官 2018年秋期ネイリスト検定試験官 ...

 

 

今日はみなさんが必ず悩む 『時短』のお話。

 

時短!時短!!と言われてる意味として、

お席の回転を上げるためです。

 

昔と今では単価も大きく違うことから、最近では時短は必須です。

 

ではどうやったら時短に繋がるのか、

そのコツをお話ししていきますね!

 

bagueがやってる時短のヒミツ

時短の最大のポイントは、

1秒を何回縮められたか?です

 

なので1秒くらいとか、一瞬の迷い、判断の遅れ(悩み)は

必ず時間がかかっていく事を覚えていて欲しいです。

 

では、その1秒を獲得するためにやっている事をお話しします!

 

 

道具の置き場所の整理と見直し

 

なんだ、こんなこと!

こんな風に思う方もいるかもしれません。

 

でもこれって結構大事。

 

カラージェル一つ探すのに10秒時間がかかっていたら?

たった10秒かもしれないけど、カラージェル3つなら30秒。

 

その他パーツやカラージェル、ストーン、ホロ、ネイルサロンは小さくて種類が多い物がたくさんあります。

 

ストーンやホロ、パーツなどにもそれぞれ10秒ずつ時間がかかっていたら?

1分なんて余裕で過ぎてしまいます!!

1分でできるアートもあるので、この1分って本当に惜しいんです。

 

必要な物を瞬時に準備できるのは時短に繋がります

 

なので置き場所を手の届く範囲にするとかでも時間は減るし、

カラージェルは仕切りを作って整理し、番号順に並べるとかでもだいぶ変わります。

 

 

すぐ見つけれる、すぐ手に取れる

 

これがポイントです。

 

という事は、ワゴンの中や位置も見直して整理整頓する必要がありますよね!!

 

ボーダーラインを決めておく

プレパレーションの時どこまでするか?は結構サロンによって違いますよね。

 

ドライケアのサロンとウォーターケアをするサロンでは15分~20分ほどの差が出てきます。

 

 

畠中
畠中

20分って、ベースジェル、デザインベースとなるカラーまでは塗れますよね!

 

それくらい差が出ます。

 

 

ウォーターケアをするなというわけではなく、するなら時間は必ずかかるので、

金額を頂かないとキツくなるよ!ということ。

 

 

こうやって小さな事でも『ここまでにする』というボーダーラインは必要!!

それを曖昧にせず、必ず決める!

 

 

目標時間を決める

これは、どこでも言われているような、

ワンカラー〇〇分!とかじゃないです。

 

消毒 〇〇秒
オフ    〇〇分
ファイル 〇〇分
プッシュアップ 〇〇分



ーーーーーーーーーーー
(ここまでで〇〇分)

 

 

こんな感じで細かく決めます!

各工程ごとに○分というのと、

大きくブロックに分けて 『ここまでで○分』という時間を決めると

分かりやすく意識しやすいので目標時間に入れやすいです。

 

畠中
畠中

ちなみに私は調子が良い時はワンカラーのオフオンで40で終わる事もあります!

まとめ

時短をするために、技術を見直すことももちろん大事ですが、

環境を整えたり、細かく決めるというのをしていない人も多いです。

 

全体的な時間を大幅に減らしていくには、
細かいところで1秒を貯金いくしかないんです。

 

ここの基本が出来ていなくて本当の時短にはなりません。

これは自分でできることですので、ぜひやってみてください☆

 

 

まだまだあるんですが、基礎編として、今回はここまで♬

 

サロンワークの技術に自信がない方は

リアルサロンワークコースがおすすめ☆

サロンワークについて
ネイルスクールbagueでは 将来生徒さんが独立して、正当なお金をいただくという事を目標としています。 その為には生徒さんの金銭的な負担を減らすために、JNA認定校の申請をあえて行っていません...

 

スクールのご相談は、公式ラインよりご連絡ください!

スクール相談会はこちら↓

無料相談会について
どんな所かな?どんな先生かな?先生とは相性が合うのかな? いきなり入校するのが不安なあなたへ! まずは一度来校してその雰囲気を感じてください。 そしてあなたのネイルへの想いを聞かせてください! ...